Header
Fullsizerender

ミナミを見て18歳の大阪時代を振り返る 〜BRONX時代〜

2017/09/24 07:54

1
ISOPP


おはようございます🌞



日中は部屋に引きこもり


夜はISOISOと街へ出かける🚶


どうも、


独身男性単身赴任アラフォー丸山悟史です❗️


肩書きがイケてねぇ〜〜〜💥



はい今日はミナミです😀

僕は大阪「BRONX」当時

ここから50メートルのところで18歳の頃、

美容師をやっていました✂️



ちょうど右側に見えるびっくりドンキーの2階あたりでしょうか


「ヴォーグ」いう店で、今はもうなくなっています


懐かしい青春でございます✨✨✨




そして勤務時間が終わると


本当は居残りして練習をしなきゃいけないのですが


僕はダンスの練習へ🏃




アメ村に行ってソッコー練習用のスニーカーに履き替えるも👟


僕が行く頃にはみんな終電の時間で帰ってしまうのです🚃🚃🚃🚃



みんなと一緒に練習できるのは約10分


結局1人になって真っ暗なアメ村の中で練習するのです👟


まぁ、耐えきれずにすぐ美容師辞めましたね😧


本気で美容師になりたいわけでもなかったし


気が向かないところに熱を注げる性格でもなかったですから...




じゃあなんでそもそも美容師になった❓しかも大阪って


ただ地元福岡を出る口実に過ぎませんでした💥



就職先を無理やり大阪にして地元を離れ


友達ゼロスタートから挑戦してみたかったんです



そこで「BRONX」というチームを結成しました


一人暮らしで身が軽くなり、


ダンスの世界へ真っしぐらに突き進みました🏃💨


やっぱり人は本気にならない限り

何も動き始めないんだなと実感しました


あのまんま美容師を続けていても


クビになって終わっていたのが目に見えています


どの業界にいても一筋縄ではいかないのです💥