Header
          2019 02 08 6.55.30

ダブルサトシヒストリー

2019/02/10 08:15

1
ISOPP

の10代20代はダンス業界の中での競争でした⚡️ 

 

30代に突入して

BBOYと言う名前が似合わないようになってから

異業種間での競争が始まりました🔥

 

ルールが違う相手と戦っていくのです💥

 

それはつまり、

ダンス業界を飛び出て

新しいビジョンでの挑戦が

始まったことを意味します

 

 

ダンス業界でのルールは新しい世界では通用しません

 

 

ルールが違うと勝負にもなりません

 

野球では点数の多い方が勝ちで⚾️

ゴルフは少ない方が勝ちです⛳️

 

どっちも勝ちなら今度は生き方の勝負になります

 

どっちがクリエイティブか

メンタルが強いか

どっちがかっこよかったか

感動があったか

ストーリーがあったか

 

そうやって、もはや

点以外のところでの勝負になってきます

 

 

 

ダンス業界では審査員が勝敗を決めます

審査員の旗がたくさん上がった方の勝ちです🚩

 

 

しかし、30代を超えてからは

自分の中の最強の審査員が

旗を上げるかどうかの勝負になってきます

 

 

どんなに会場の審査員が旗を上げても

自分の中の最強の審査員が旗を

上げなかったら負けです

 

 

どの業界にもスゲー奴がいます⚡️

記録を持った奴がいます📝

でも最後はやっぱり

イケてるかイケてないか

どんな生き方をしているかの勝負になってきます✨

 

 

やがて現役引退し、勝負することよりも

ダンスをできる事自体がありがたい

と思うようになります。

 

最後は『感謝』しか残りません✨

 

 

 

 

 

 

今日の動画は

 

高校生の頃の同級生と

なんのトガりあいもなく喋るだけの動画です🎥

 

丸山サトシ は【ダンサー】

原田サトシ は【居酒屋】

 

同じ高校で同じことを学んだWサトシですが

成績表もなく競いようがありません

互いに自分の道を歩き比べようもありません

 

お互いに感謝しかありません🌈

 

 

 

そんな2人が高校生の頃を語っています

ダブルサトシヒストリーです✨



この記事を書いた人

1

ISOPP

日本で一番学校を訪問した2005年ブレイクダンス世界チャンピオン⭐︎ HIPHOPのあらゆる要素を体現するクリエイターでありながら ソニーミュージックよりメジャーデビュー、CD・DVDをリリース❗️ ユニクロポスターモデルや著書「完全燃焼」を出版。 よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属し 芸人として新喜劇に参加しながら、 NHK「ストレッチマンV」 のオレンジ役としてレギュラー出演🌈 近年、 難病手術を乗り越え自らの経験から繰り出される 「命のお話」が話題となり 全国の学校や企業からオファーを受ける。 講演家やプロデューサーとしての顔をあわせ持つなんともミステリアスな男