Header
          2019 04 22 13.21.26

ただ続けるのではない○○を続けるんだ❗️

2019/04/22 14:00

1
ISOPP

 

先日、小岩でとあるイベントに出演してきました

 

『challenge』というイベントで

 

その名の通りchallengeしている様子が

 

たくさん見られるイベント👀

 

僕もかなり熱くなりました🔥

 

 

 

ゲストも

 

「チャレンジしている人を呼ぼう❗️」

 

という話し合いの元

 

僕に声を掛けてくれた事を知って

 

更に熱くなりました🔥ありがとうございます❗️

 

 

 

 

何がそんなに熱いって

 

僕より年配の方がたくさん参加して

 

踊っている事でした🕺💃

 

しかも50〜60代❗️

 

自分も同じ年齢になった時に

 

あんな風に堂々と胸張って踊れるような

 

ダンサーになろうと思いました🕺💃

 

若さへのジレンマなどもあるけど

 

『今より上手くなればそれでいい』

 

そう、おっしゃっていました🔥

 

 

この日一番、胸に突き刺さった言葉でした💥

 

 

 

確かに現役バリバリの若手と比べれば

 

キレやスキルは落ちるでしょう

 

だけど何か心をグッと掴むものがあります

 

それはなかなか言葉ではうまく伝えられないけど

 

 

何にも縛られずに自分を見つめて

遮二無二に踊っている姿

 

 

 

それが僕には

 

かっこよく見えて仕方ありませんでした✨

 

 

 

「続ける」には

省略されている言葉があります

 

 

それは

『挑戦を捨てずに続ける』です

 

 

年齢を重ねていくごとに

 

ただ続けるだけでも、挑戦をしなければ

 

続けられなくなってきます💦

 

 

 

40を過ぎたら挑戦はもういいだろう

 

というのはマイナスで、

 

40を過ぎて挑戦していなかったら

 

急激に落下を始めます

 

 

 

 

10代20代で挑戦するのは当たり前です

 

40代からは挑戦している人と

 

守りに入っている人の差がでてきます💥

 

 

 

好きなものに対しては

「裏切られた」と言う感情がありません

 

やるだけやったから後悔は無い❗️

と言う満腹感が胸を埋め尽くします

 

 

 

「裏切られた」と言っているのは

そんなに好きではなかったという証拠です

 

 

 

どんなに裏切られても

また追いかけてしまう

それが

「惚れている」と言うことです

 

 

 

この世界に生きて携われて

共存する事ができて良かった

と思います。

 

 

 

ダンスに夢中になる人は

 

ダンスに裏切られてもそれを悔やんでいません❗️

 

それは、悔いがないほど打ち込んだからです🔥

 

 

 

50代、60代になっても打ち込み続ける

 

その姿を見て、胸が熱くなりました

 

「ダンス」というもの自体も好きですが

 

そうゆう生き方がとても好きです❗️

 

 

 

 

今回の映像も編集したら

 

またアップしようと思います🔥

 

 

さぁ、今日も一日けっぱっぺ‼️

 

 

 

 

こちらも更新中😊✨

 

ISOPPのツイッター

ISOPPのインスタグラム



この記事を書いた人

1

ISOPP

日本で一番学校を訪問した2005年ブレイクダンス世界チャンピオン⭐︎ HIPHOPのあらゆる要素を体現するクリエイターでありながら ソニーミュージックよりメジャーデビュー、CD・DVDをリリース❗️ ユニクロポスターモデルや著書「完全燃焼」を出版。 よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属し 芸人として新喜劇に参加しながら、 NHK「ストレッチマンV」 のオレンジ役としてレギュラー出演🌈 近年、 難病手術を乗り越え自らの経験から繰り出される 「命のお話」が話題となり 全国の学校や企業からオファーを受ける。 講演家やプロデューサーとしての顔をあわせ持つなんともミステリアスな男