Header
          2019 05 30 15.37.35

HIPHOPファッションは何故ジャージ姿が多い❓

2019/05/31 07:00

1
ISOPP

お金のなかった10代、20代

 

僕らもよく安い服やアイテムを見つけて来ては

 

うまく着こなそうと必死でした🔥

 

 

 

ユニクロにいいのがあった❗️

 

ドンキに使えるアイテムがあるらしい❗️

 

あの雑貨屋で買った千円のこれ、

バンダナに使えそうやんか❗️

 

うちのばーちゃんがKANGOLの帽子持ってた❗️

 

 

 

こんな感です。

 

 

 

 

1970年代に生まれたストリートカルチャーシーンでも

 

お金がない中で必死に正装したのが

 

上下セットのジャージでした✨

 

 

 

お金を持っている人は全身スーツでキメこんで

 

クラブの中に入りますが、

 

お金のない人たちは、なんとか中に入ろうと

 

持ち金で精一杯正装したのがジャージセットだったのです

 

 

 

そんなHIPHOPシーンの流行を

 

素早くキャッチして取り入れたのが

 

RUNDMC

 

スターへの階段を登りながら有名になるにつれ、

 

同じものを着たいと言う子供たちが殺到し

 

ジャージはもの凄く売れました💥

 

 

 

アーティストと手を組む事により業績をUPさせる

 

メーカー側とのビジネス戦略だったとも言われています

 

 

 

 

 

※うんちく

アディダスのジャージを着用してクラブシーンを

引っ掻き回していた第一人者はBBOY SWIFT

この人の活躍がなければジャージがHIPHOPファッションに

取り入れられる事はなかったかもしれません

 

ラインの入った服はダンスが綺麗に見えたり

フットワークが滑らかに見えたりします👀

 

 

NYロックステディークルーが着ていた

 

ジャージやウインドブレーカーを探していた

 

高校生を思い出します😊✨

 

 

遊びをクリエイトするHIPHOP

 

もっとカルチャー化する為に

 

今もたくさんの人の手で成長しています🌈

 

 

 

またストリートカルチャーについての

記事も書いてみますね😊✨

 

 

 

 

 

さぁ、今日も一日けっぱっぺ‼️

 

こちらも更新中😊✨

ISOPPのツイッター

ISOPPのインスタグラム

 



この記事を書いた人

1

ISOPP

日本で一番学校を訪問した2005年ブレイクダンス世界チャンピオン⭐︎ HIPHOPのあらゆる要素を体現するクリエイターでありながら ソニーミュージックよりメジャーデビュー、CD・DVDをリリース❗️ ユニクロポスターモデルや著書「完全燃焼」を出版。 よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属し 芸人として新喜劇に参加しながら、 NHK「ストレッチマンV」 のオレンジ役としてレギュラー出演🌈 近年、 難病手術を乗り越え自らの経験から繰り出される 「命のお話」が話題となり 全国の学校や企業からオファーを受ける。 講演家やプロデューサーとしての顔をあわせ持つなんともミステリアスな男